快適に高速バスを楽しむサービスや設備

StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Pocket

バスを利用して長距離を・・・と考えた時、まず不安になるのが設備サービス的名部分ではないでしょうか。
全てのバスとは言い切れませんが、標準的な設備サービスが用意されているケースが増えているのです。
ここで改めて、その標準的設備サービスなどについて見ていきましょう。

トイレについて

短距離の場合は無い場合もありますが、長距離や夜行バスの場合にはトイレが用意されていることがほとんどでしょう。
後方に配置されていることも多く、その位置においても乗客が不快に思わない設置となっていることでしょう。
さらには、一部のバスにおいては化粧コーナーなどの「レストルーム」が用意されている場合もあるのです。

ドリンクサービス

無料でお湯や冷水を用意しているバスも存在しています。
緑茶・コーヒー・紅茶なども用意している場合がありますので、水分が欲しいと思ったときに取り入れていくとよいでしょう。

おしぼりサービス

お手拭にはもちろん、夜行バスの場合には眠気覚ましになどと活用していただけるおしぼりサービスもあります。
利用限度数などが設定されていることはまずありませんので便利に使っていただけることと思います。

ブランケット・毛布類

夜行バスですと睡眠をとることとなります。
その際に利用していただけるブランケットや毛布というものも用意されている場合があります。
ゆったりとしたバスの時間を楽しんでいただくためにも取り入れてみると良いでしょう。

スリッパ

長時間にわたって靴を履いているのは苦痛なものです。
すこしでも楽に乗車をという方も少なくないでしょう。
そのような時のためにスリッパを提供してくれるというバスもあるのです。

フットレスト・レッグレスト

バスも長時間ともなると足が浮腫んでしまったりということもあるでしょう。
疲労を少しでも軽減するためにもバスによってはフットレストやレッグレストが用意されているのです。

読書灯

夜行バスでは車内の照明が消える時間帯があります。
そんな時、乗車している方によっては「光が欲しい」ということもあるでしょう。
そのような際のサービス設備として読書灯が用意されていることもあるのです。

このようにサービスがさまざま用意されていることによって、さらに快適にバスを楽しんでいただけることと思います。

StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Pocket