知っておきたい高速バスの座席や指定位置

StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Pocket

高速バスというとある程度の距離を乗車することにもなる場合もあるでしょう。
そうした場合、やはり座席の予約やスタンスについて気になられる方も多いのではないでしょうか。

座席希望について

希望の座席があるという場合ですが、バスによって異なってきます。
「座席希望OK」などというマークがあるものに関しては希望を出すことが可能です。
その場合、前方・後方かどうかと窓側・通路側などという希望を出すことができるでしょう。

希望について出すことは可能ではありますが、混雑状況などによっては難しいケースもありますので、どうしてもという方は早めに予約されることをおすすめしたいと思います。

座席の決定について

インターネットなどで予約をされた場合、座席がいつ決まるのだろうと不安になられる方もいらっしゃるでしょう。
座席の決定ですが、原則としては予約と同時に座席が決まるシステムです。

座席を変更したいという場合について

座席の変更は原則としてできないと認識しておくと良いでしょう。
乗車人数などによって柔軟に対応してくれるという場合もありますが、まず難しいと考えておくのが無難です。

受領書を紛失してしまい座席確保が証明できないという場合

インターネット申し込みをされ、コンビニエンスストアでお支払いをされたという場合、「受領書」というものが発行されます。
これを紛失してしまい、座席を確保したことが証明できないという場合についてですが、申込機関に連絡をいれるようにしましょう。
支払済みであることを確認してくれるかと思います。
確認が完了すれば、受領書なしの状態でも乗車できるように手配をしてもらえるかと思います。

座席移動をしたいという場合

例えば空席が確認されているので座席を移動したい・別の席に座りたいなどいうケースもあるかもしれません。
そうしたものについても原則としてはできないと考えておくと良いでしょう。

バスにおいての座席は自分の居場所・空間ともいえますので、そのための知識を持っておくとより快適に活用できることでしょう。
その他詳細な事柄については、各バスセンターやバス会社で受け付けてくれていますので相談をしてみるのも良いでしょう。

StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
Pocket